$cache_dir

テンプレートのキャッシュが格納されるディレクトリです。デフォルトは ./cache で、 これは実行中のPHPスクリプトが置かれた場所にある cache/ ディレクトリを探す事を意味します。 このディレクトリは web サーバが書き込み可能でなくてはなりません。 詳細は インストールについての説明 を参照してください。

この設定を使わずに、キャッシュファイルを操作するための 自作のキャッシュ実装 を使う事もできます。詳細は $use_sub_dirs も参照してください。

テクニカルノート

この設定は、相対パス又は絶対パスである必要があります。 include_path はファイル書き込み時には使用されません。

テクニカルノート

このディレクトリをwebサーバのドキュメントルート下に置く事は推奨しません。

ノート

Smarty 3.1 以降、$cache_dir 属性に直接アクセスすることはできなくなりました。かわりに getCacheDir()setCacheDir() を使いましょう。

getCacheDir()setCacheDir()$caching$use_sub_dirs$cache_lifetime$cache_modified_check および キャッシュの節 も参照ください。