第12章 定数

目次

SMARTY_DIR

SMARTY_DIR

この定数には、Smarty のクラスファイルが置かれた場所への システム上でのフルパス を指定します。 定義されていない場合、Smarty は自動的に適切な値に決定しようと試みます。 定義した場合、必ずスラッシュで終わるようにします。

例 12.1. SMARTY_DIR


<?php
// Smartyのディレクトリパスを*nixスタイルでセットする
define('SMARTY_DIR', '/usr/local/lib/php/Smarty-v.e.r/libs/');

// Smartyのパスをwindowsスタイルでセットする
define('SMARTY_DIR', 'c:/webroot/libs/Smarty-v.e.r/libs/');

// 'S'が大文字であることに注意して、smartyクラスをインクルードします。
require_once(SMARTY_DIR . 'Smarty.class.php');
?>

     

$smarty.const および $php_handling 定数 も参照ください。