第4章 変数

目次

PHP から割り当てられた変数
連想配列
配列のインデックス
オブジェクト
変数のスコープ
設定ファイルから読み込まれた変数
予約変数 {$smarty}
リクエスト変数
{$smarty.now}
{$smarty.const}
{$smarty.capture}
{$smarty.config}
{$smarty.section}
{$smarty.template}
{$smarty.template_object}
{$smarty.current_dir}
{$smarty.version}
{$smarty.block.child}
{$smarty.block.parent}
{$smarty.ldelim}, {$smarty.rdelim}

Smarty は色々な種類の変数を持っています。変数の種類は接頭辞の記号によって決まります (記号によって囲まれる場合もあります)。

Smarty 変数は、その値を直接表示したり 関数 の引数や 属性修飾子、 そして条件式の内部などで使用されたりします。 変数の値を表示するには、それを単純に デリミタ で囲み、デリミタ内に変数のみが含まれるようにします。

例 4.1. 変数の例


{$Name}

{$product.part_no} <b>{$product.description}</b>

{$Contacts[row].Phone}

<body bgcolor="{#bgcolor#}">

  

ヒント

Smarty 変数の値を手っ取り早く調べるには、 デバッギングコンソール を使用するとよいでしょう。

PHP から割り当てられた変数

代入された変数は、先頭にドル記号 ($) がつきます。

例 4.2. 割り当てられた変数

PHP のコード


<?php

$smarty = new Smarty();

$smarty->assign('firstname', 'Doug');
$smarty->assign('lastname', 'Evans');
$smarty->assign('meetingPlace', 'New York');

$smarty->display('index.tpl');

?>

index.tpl のソース


Hello {$firstname} {$lastname}, glad to see you can make it.
<br />
{* これは動作しません。変数名は大文字小文字を区別するからです。 *}
This weeks meeting is in {$meetingplace}.
{* こちらは動作します *}
This weeks meeting is in {$meetingPlace}.

   

出力は次のようになります。


Hello Doug Evans, glad to see you can make it.
<br />
This weeks meeting is in .
This weeks meeting is in New York.

  

連想配列

PHP から割り当てられた連想配列を参照することもできます。 その場合は、ドット "." の後にキーを指定します。

例 4.3. 連想配列の値にアクセスする


<?php
$smarty->assign('Contacts',
    array('fax' => '555-222-9876',
          'email' => 'zaphod@slartibartfast.example.com',
          'phone' => array('home' => '555-444-3333',
                           'cell' => '555-111-1234')
                           )
         );
$smarty->display('index.tpl');
?>

   

index.tpl のソース


{$Contacts.fax}<br />
{$Contacts.email}<br />
{* you can print arrays of arrays as well *}
{$Contacts.phone.home}<br />
{$Contacts.phone.cell}<br />

   

出力は次のようになります。


555-222-9876<br />
zaphod@slartibartfast.example.com<br />
555-444-3333<br />
555-111-1234<br />

   

配列のインデックス

配列に対してインデックスでアクセスすることもできます。 これは PHP 本来の構文と同じです。

例 4.4. インデックスによって配列にアクセスする


<?php
$smarty->assign('Contacts', array(
                           '555-222-9876',
                           'zaphod@slartibartfast.example.com',
                            array('555-444-3333',
                                  '555-111-1234')
                            ));
$smarty->display('index.tpl');
?>

   

index.tpl のソース


{$Contacts[0]}<br />
{$Contacts[1]}<br />
{* you can print arrays of arrays as well *}
{$Contacts[2][0]}<br />
{$Contacts[2][1]}<br />

   

出力は次のようになります。


555-222-9876<br />
zaphod@slartibartfast.example.com<br />
555-444-3333<br />
555-111-1234<br />

   

オブジェクト

PHP から割り当てられた オブジェクト のプロパティにアクセスするには、-> 記号の後にプロパティ名を指定します。

例 4.5. オブジェクトのプロパティにアクセスする


name:  {$person->name}<br />
email: {$person->email}<br />

   

出力は次のようになります。


name:  Zaphod Beeblebrox<br />
email: zaphod@slartibartfast.example.com<br />