escape

escape は変数のエンコードやエスケープを行います。 たとえば htmlurlシングルクォートhexhexentityjavascript および mail などに対する処理を行います。 デフォルトでは html 用の処理をします。

パラメータの位置 必須 有効な値 デフォルト 概要
1 string No html, htmlall, url, urlpathinfo, quotes, hex, hexentity, javascript, mail html 使用するエスケープフォーマット
2 string No ISO-8859-1, UTF-8, および htmlentities() がサポートする任意の文字セット UTF-8 htmlentities() へ渡す文字セットのエンコーディング
3 boolean No FALSE TRUE エンティティを二重エンコードして、& なら & にする (html および htmlall 限定)

例 5.10. escape


<?php

$smarty->assign('articleTitle',
                "'Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan'"
                );
$smarty->assign('EmailAddress','smarty@example.com');

?>

   

escape を使用するテンプレートの後に、その出力結果を続けています。


{$articleTitle}
'Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan'

{$articleTitle|escape}
&#039;Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan&#039;

{$articleTitle|escape:'html'}    {* & " ' < > をエスケープします *}
&#039;Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan&#039;

{$articleTitle|escape:'htmlall'} {* 全ての html エンティティをエスケープします *}
&#039;Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan&#039;

<a href="?title={$articleTitle|escape:'url'}">click here</a>
<a
href="?title=%27Stiff%20Opposition%20Expected%20to%20Casketless%20Funeral%20Plan%27">click here</a>

{$articleTitle|escape:'quotes'}
\'Stiff Opposition Expected to Casketless Funeral Plan\'

<a href="mailto:{$EmailAddress|escape:"hex"}">{$EmailAddress|escape:"hexentity"}</a>
{$EmailAddress|escape:'mail'}    {* email をテキストに変換します *}
<a href="mailto:%62%6f%..snip..%65%74">&#x62;&#x6f;&#x62..snip..&#x65;&#x74;</a>

{'mail@example.com'|escape:'mail'}
smarty [AT] example [DOT] com

   

例 5.11. 別の例


{* "rewind" パラメータに現在の場所を登録します *}
<a href="$my_path?page=foo&rewind=$my_uri|urlencode}">click here</a>

   

これは email 用に便利です。しかし、 {mailto} も参照してください。


{* email アドレスを混乱させます *}
<a href="mailto:{$EmailAddress|escape:'hex'}">{$EmailAddress|escape:'mail'}</a>

   

Smarty の構文解析を回避{mailto} および E-mail アドレスを混乱させる も参照ください。