{setfilter}

{setfilter}...{/setfilter} ブロックタグは、 テンプレートインスタンスの変数フィルタを定義します。

構文: {setfilter filter1|filter2|filter3....}...{/setfilter}

フィルタには、次の内容を指定できます。

{setfilter}...{/setfilter} ブロックはネストできます。 内側のブロックでフィルタを定義すると、外側のブロックでの定義を上書きします。

テンプレートインスタンスのフィルタは、他の修飾子やフィルタに追加して適用されます。実行順は次の通りです。 修飾子、 default_modifier、 $escape_html、 登録済みの変数フィルタ、 オートロードした変数フィルタ、 テンプレートインスタンスの変数フィルタ。 default_modifier の後をすべて無効にするには nofilter フラグを使います。

例 7.76. {setfilter} タグ


<script>
{setfilter filter1}
  {$foo} {* filter1 が $foo の出力に適用されます *}
  {setfilter filter2|mod:true}
    {$bar} {* filter2 と mod 修飾子が $bar の出力に適用されます *}
  {/setfilter}
  {$buh} {* filter1 が $buh の出力に適用されます *}
{/setfilter}
{$blar} {* $blar の出力には、テンプレートインスタンスのフィルタが適用されません }
</script>

  

注意

テンプレートインスタンスフィルタの設定は、インクルードしたサブテンプレートの出力には影響しません。