{fetch}

{fetch} は、ローカルシステムやhttp, ftpからファイルを取得し、 コンテンツを表示します。

属性名 必須 デフォルト 概要
file string Yes n/a 取得するファイル、http あるいは ftp のサイト
assign string No n/a 出力が割り当てられるテンプレート変数

例 8.5. {fetch} の例


{* テンプレートにJavaScriptを含めます *}
{fetch file='/export/httpd/www.example.com/docs/navbar.js'}

{* 他のwebサイトからテンプレートに天候のテキストを埋め込みます *}
{fetch file='http://www.myweather.com/68502/'}

{* ftp経由でニュースヘッドラインファイルを取得します *}
{fetch file='ftp://user:password@ftp.example.com/path/to/currentheadlines.txt'}
{* 上と同じですが、変数を使用します *}
{fetch file="ftp://`$user`:`$password`@`$server`/`$path`"}

{* 取得したコンテンツをテンプレート変数に割り当てます *}
{fetch file='http://www.myweather.com/68502/' assign='weather'}
{if $weather ne ''}
  <div id="weather">{$weather}</div>
{/if}

  

{capture}{eval}{assign} および fetch() も参照ください。