設定ファイルから読み込まれた変数

設定ファイル から読み込まれた変数を参照するには、それをハッシュマーク (#) で囲むか、あるいは Smarty 変数 $smarty.config を使用します。 2つ目の方法は、クォートされた属性値の中に含める場合や $smarty.config.$foo のような値にアクセスする場合に便利です。

例 4.7. 設定ファイルの変数

サンプルの設定ファイル - foo.conf:


pageTitle = "This is mine"
bodyBgColor = '#eeeeee'
tableBorderSize = 3
tableBgColor = "#bbbbbb"
rowBgColor = "#cccccc"

    

#hash# 方式のテンプレート


{config_load file='foo.conf'}
<html>
<title>{#pageTitle#}</title>
<body bgcolor="{#bodyBgColor#}">
<table border="{#tableBorderSize#}" bgcolor="{#tableBgColor#}">
<tr bgcolor="{#rowBgColor#}">
    <td>First</td>
    <td>Last</td>
    <td>Address</td>
</tr>
</table>
</body>
</html>

    

$smarty.config 方式のテンプレート


{config_load file='foo.conf'}
<html>
<title>{$smarty.config.pageTitle}</title>
<body bgcolor="{$smarty.config.bodyBgColor}">
<table border="{$smarty.config.tableBorderSize}" bgcolor="{$smarty.config.tableBgColor}">
<tr bgcolor="{$smarty.config.rowBgColor}">
    <td>First</td>
    <td>Last</td>
    <td>Address</td>
</tr>
</table>
</body>
</html>

    

どちらの場合も出力は同じです。


<html>
<title>This is mine</title>
<body bgcolor="#eeeeee">
<table border="3" bgcolor="#bbbbbb">
<tr bgcolor="#cccccc">
	<td>First</td>
	<td>Last</td>
	<td>Address</td>
</tr>
</table>
</body>
</html>

    

変数は、設定ファイルから読み込まれるまで使用できません。 詳細は、後ほど {config_load} の項で説明します。

変数 および 予約変数 $smarty も参照してください。