名前

Smarty::muteExpectedErrors() — Smarty が発する警告や注意を、意図的に無視する

Description

string muteExpectedErrors();

muteExpectedErrors() は、 set_error_handler() を使ってカスタムエラーハンドラを登録します。 このエラーハンドラは、単に $errno$errfile を調べるだけのものです。意図的に発生したエラーなら無視するし、そうでなければ次のエラーハンドラにそのまま渡します。

Smarty::unmuteExpectedErrors() は現在のエラーハンドラを削除します。 muteExpectedErrors() を呼んだ後でカスタムエラーハンドラを登録した場合は、 unmute が削除するのは Smarty のミュートエラーハンドラではなくて最後に登録したハンドラになることに注意しましょう。