テンプレートでの設定の変更

通常は、Smarty の設定変更は Smarty クラス変数 を使って行います。さらに、プラグインやフィルタなどを Smarty 関数 で登録することもできます。Smarty オブジェクトで設定した内容は、 すべてのテンプレートに適用されます。

しかし、Smarty クラス変数や関数には、個々のテンプレートオブジェクトからアクセスすることもできます。 テンプレートオブジェクトで設定した内容は、そのテンプレート自身と そのテンプレートがインクルードしている子テンプレートに対してのみ適用されます。

例 17.4. テンプレートでの Smarty の設定の変更


<?php
$tpl = $smarty->createTemplate('index.tpl);
$tpl->cache_lifetime = 600;
// あるいは
$tpl->setCacheLifetime(600);
$smarty->display($tpl);
?>

    

例 17.5. テンプレートでのプラグインの登録


<?php
$tpl = $smarty->createTemplate('index.tpl);
$tpl->registerPlugin('modifier','mymodifier');
$smarty->display($tpl);
?>